スカイステージ

スポンサーリンク

 


代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュースアイドル=LOVEが先日、お台場・青海周辺エリアで開催されたTOKYO IDOL FESTIVAL 2018に3日継続出演し、全力のパフォーマンスなどにおいてアイドルファンを魅了した。

TOKYO IDOL FESTIVAL 2018は今年で9回目となる世界最大のアイドルフェス。8月3日(金)、4日(土)、5日(日)の3日間にわたり、207組1,315名のアイドルが出演、合計81,000人のアイドルファンが出席した。

=LOVEは、3日間トータルに出演し、プログラムステージなども含め全6ステージでパフォーマンスを行った。

=LOVEは、昨年開催されたTOKYO IDOL FESTIVAL 2017のHOT STAGEで最初にファンの前でパフォーマンスを紹介した事もあり、本イベントには特別な思い入れがある。

1年前はAKB48、HKT48、乃木坂46など先輩グループの楽曲のカバーを集中的にパフォーマンスを行い、ラストにデビュー曲にあたる「=LOVE」を初お披露目した彼女達。

あれから1年が経ち、同一の場所で向上した姿を見せたいというようなパワフルな気持ちを胸に、臨んだ今回のイベント。

そのような=LOVEのステージを一目見ようと、数多くのアイドルファンが詰めかけ、出演した全ステージで入場制限がかかった。

スポンサーリンク


あわせて読みたい

コメントはお気軽にどうぞ(お名前任意)

メールアドレスが公開されることはありません。